健康で長生き 自然食ペットフード専門店【さくらの木】のオフィシャルブログです。お店は東京都大田区上池台にあります!気軽に遊びに来てくださいね♪  http://www.sakuranoki.me
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胃や腸を守る「食べる胃薬」
2013年07月02日 (火) | 編集 |
りんとおすずの晩御飯


キャベツ+白身魚・・・低脂肪ながら高タンパク質


パサパサの皮膚・被毛や疲労回復にも効果があるビタミンB群やミネラルを含む白身魚。
キャツベツとのコンビで、弱った胃腸をいたわりながら疲れた体をサポート


皮膚のかゆみをなんとかしてあげたくて・・・ミネラルの重要性をまた考えた。


犬は肉球から必要なミネラルを吸収する。でも アスファルトの散歩ではそれはままならない。


土のある公園へ・・・も、仕事をしている私には結構大変。


では、食事でと 白身魚を使った食事を・・・


キャベツには胃の粘膜を守るビタミンUが含まれます。
ビタミンUがキャベジンとよばれるのはキャベツから発見された成分だからです。
胃酸の分泌を抑え、胃腸粘膜を修復するので、胃腸が弱っている時は積極的にたべます。
ビタミンCや食物繊維、強い抗酸化作用を持つ フラボノイドを含むことから、発癌抑制・抗ガン作用がある
野菜としても注目されている。
ビタミンCを効率よく取るには生が一番だけど 火を通したキャベツもおいしいもの!
栄養価を考えると煮汁ごと食べるのがいい

皮膚や被毛は、タンパク質でできている。
食べ物からとりいれたタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、体に必要なたんぱく質に作り替えて利用させる。
この仕組みがうまくいかないと、新しい皮膚や被毛を作り出せず、皮膚がかさついたり毛づやが悪くなる。
タンパク質そのものだけじゃなく その分解を促して皮膚や被毛の細胞をつくるビタミンやミネラルを積極的
に取ることがたいせつ。



私の晩御飯も同じ食材です。
私のはたまねぎも味も付いてますが りんすずのはみじん切りキャベツをオリーブオイルでかるくいためでその上にグリンピースをたたきつぶしたものと白身魚・豆腐・胡桃をつぶしたものをのせお水を加えて蓋をしてちょいと蒸した。






w.jpg




今日の朝はね・・・ドッグフードをあげました。
ドッグフードには無い酵素を取るために フードの量の10%以下の生野菜を少々加えた。








コメント
この記事へのコメント
今日も勉強になりました~!!
ドライフードの10%以下の生野菜はカロリー調整ですか?
それともベストバランスになるポイントなのですか~??
ぜひ、ブログで教えてください!
2013/07/03(水) 08:18:42 | URL | 武田さゆり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。