健康で長生き 自然食ペットフード専門店【さくらの木】のオフィシャルブログです。お店は東京都大田区上池台にあります!気軽に遊びに来てくださいね♪  http://www.sakuranoki.me
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元気の素 2 解毒力
2013年09月12日 (木) | 編集 |
体内に溜まっている毒素を食材の力で排出!



<出して、入れる!それが元気の秘訣>
知らず知らずのうちに日常的に体内に取り込んでしまっている毒素。
毒素の排出=排毒がうまくいかないと、皮膚トラブルや便秘などのトラブルが起きやすくなります。
そのまま放っておきと血液が汚れ、細胞も変性してしまうなど、さまざまな病気の原因を引き起こすことにつながります。ごはん、というとどうしても「栄養補給」に目が行きがちですが、体内に毒素が溜まっていれば、いくらよいごはんをあげても栄養は十分に吸収できません。
わんこの健康のためにはまず「出す!」が鉄則。食物繊維やミネラルを積極的に摂取して体内毒素をどんどん排出しましょう。





   「タウリンで解毒応援」
解毒は、主に肝臓と腎臓がその作用を司っています。タウリンは魚介類や肉類に豊富に含まれるアミノ酸の一種。
肝臓の解毒力を高める作用があります。
特にしじみやホタテの貝柱には豊富に含まれています。
加熱することで茹で汁にタウリンが流れ出すのでゆで汁ごと与えるようにしてください。身だけを与えてもタウリン効果は低くなるので注意!できるだけ新鮮な材料を用意しましょう。


=しじみ=
しじみは粒の大きいキラキラした黒い貝を選ぼう。茹でることでタウリンそのものはほとんどゆで汁に流れ出すが、身もほぐして一緒に与えれば満腹感も増す。

=ホタテ貝=
貝類はあまりわんこに向かない食材だが、ほたての貝柱だけは別。周りの貝ひもを取って、貝柱のみ1cm角に切り、ゆでてスープごと与える。におい付けには効果抜群。



   「食物繊維で解毒応援」
野菜にはたくさんの栄養素が含まれていますが、中でも食物繊維の働きには注目です。
食物繊維はダイオキシンなどの有害物質も体外に排出し、また排便の促進にも役立ちます。
ごぼう・さつまいもなどの根野菜やきのこも繊維たっぷり。きのこはノンカロリーに近いので何かと便利です。
根野菜は皮ごとすりおろし、さっと火を通して、きのこはみじん切りにするかフードプロセッサーでペースト状にします。細かく・細かくが基本です。



=ごぼう=
もともと薬草として渡来したごぼう。繊維質もたっぷり!また体も温めてくれる。良く洗って生のまま皮ごとすりおろし、軽く火をとおす。

=しょうが・大根・かぼちゃ・さつまいも・セロリ・かぶなど=



    「ムチンで解毒応援」
ムチンとは納豆・おくら・さといも・モロヘイヤ・山芋などに含まれるヌルヌル成分のことをいいます。
水溶性食物繊維とタンパク質などが結合した物質です。
ムチンは、体内で解毒作用のある成分を作りだし、肝臓や腎臓の働きを助けると言われています。
熱に弱いので、生のまま与えるか過熱を最小限に抑えるなどの工夫をすることが必要です。



    「ミネラルで解毒応援」
地球環境の悪化によって普通の生活をしていても体の小さいわんこの体内には有害ミネラルがたまりやすいのもです。食べ物の必須ミネラルを補給することで、有害ミネラルを排出したり、吸収を抑える事が出来ると言われています。体内のミネラルバランスがいいと有害物質が排出されやすくなるのです。必須ミネラルが豊富なのは海藻類。海藻類は一度火が通っているので雑菌の心配も無用。水でもどして細かくみじん切りにして与えましょう。






(基礎BOOKより)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。